当システム
  詳細検索
Japanese | English 

Nara Women's University Digital Information Repository > 010 文学部 > 奈良女子大学地理学・地域環境学研究報告 > 08号(2015) >

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズ形式
AA12501519V8pp111-120.pdf843.32 kBAdobe PDF見る/開く
タイトル: 水害常襲地域における流域社会の変容と災害対応に関する基礎的研究:新宮市熊野川町西敷屋地区を事例に
その他のタイトル: Basic Study on Influence of Transformation of Basin-society on Disaster Response in Frequency in Undated Areas in Kumano River Basin, Kii Peninsula
著者: 渡邊, 三津子 link image; 古澤, 文; 遠藤, 仁 link image
著者(別表記) : Watanabe, Mitsuko; Furusawa, Fumi; Endo, Hitoshi
著者読み: わたなべ, みつこ; ふるさわ, ふみ; えんどう, ひとし
キーワード: 災害対応; 過疎化; 高齢化; 熊野川; 水害常襲地域; 紀伊半島; disaster response activities; depopulation; population aging; Kumano River; flood prone areas; Kii Peninsula
発行日: 2015年 5月30日
出版者: 奈良女子大学文学部地理学・地域環境学研究報告編集委員会
引用: 渡邊三津子、古澤文、遠藤仁:奈良女子大学地理学・地域環境学研究報告, Vol.8, pp. 111-120
URI: http://hdl.handle.net/10935/4401
ISSN: 0389-0384
出現コレクション:08号(2015)

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10935/4401

当システムに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください