当システム
  詳細検索
Japanese | English 

Nara Women's University Digital Information Repository > 010 文学部 > 社会学論集 > 24号 >

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズ形式
AN10436699V24pp54-65.pdf756.71 kBAdobe PDF見る/開く
タイトル: 【論文】厳しい現実における個性の発現:サプールの生き方から学ぶ
その他のタイトル: 【Article】Development of Individuality through Tough Life: Lessons from the Way of Living of Sapuers
著者: 小高, 加奈子
著者(別表記) : Kotaka, Kanako
著者読み: こたか, かなこ
キーワード: Sapuers; Georg Simmel; Social Interaction; サプール; ゲオルグ・ジンメル; 社会的相互作用
発行日: 2017年 3月 1日
出版者: 奈良女子大学社会学研究会
引用: 小高加奈子:奈良女子大学社会学論集, 第24号(2017), pp.54-65
抄録: La Sape, an abbreviation based on the phrase Société des Ambianceurs et des Personnes Élégantes (The Society of Ambiance-Makers and Elegant People) is a social movement centered in Brazzaville, the capital of the Republic of Congo whose movement embodies the elegance in style and manners of the advanced countries’ dandies. Sapeurs are people who join such movement spending extraordinary costs for worldly famous brand clothes required for their activities. Application of some concepts advocated by Georg Simmel such as “Adornment”, “Stranger”, “Sociability”, “Play” and ‘Competition’ clarified the characteristics of social interactions taking place in the lives and activities of Sapeurs.
URI: http://hdl.handle.net/10935/4438
ISSN: 13404032
出現コレクション:24号

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10935/4438

当システムに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください