当システム
  詳細検索
Japanese | English 

Nara Women's University Digital Information Repository > 040 大学院人間文化研究科 > 人間文化研究科年報 > 第32号 >

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズ形式
AN10065983V32pp137-146.pdf2.05 MBAdobe PDF見る/開く
タイトル: Twitter のアイコン選択における自己呈示と印象形成:ツイート内容の分析による検討
その他のタイトル: Self-presentation and the selection of profile image on Twitter
著者: 鈴木, 千春
著者(別表記) : Suzuki, Chiharu
著者読み: すずき, ちはる
キーワード: SNS; Twitter; アイコン; 自己呈示; 印象形成
発行日: 2017年 3月31日
出版者: 奈良女子大学大学院人間文化研究科
引用: 鈴木千春:人間文化研究科研究(奈良女子大学大学院人間文化研究科), 第32号, pp. 137-146
抄録: Twitter is one of the most popular microblogging services today. On Twitter, a user ID and an icon, or a profile image are always simultaneously displayed. In addition, the icon expresses the taste of every user since the user chooses the image to be displayed. Therefore, the icon selection can contribute to the impression formed. The purpose of this study is to investigate how users present a self-image through icon selection and how they form impressions of other users on Twitter. A content analysis of tweets suggested that prejudices were formed when a male user chose an animation character for their icon. Furthermore, young users disclose their photographs temporarily to develop relationships with their followers.
URI: http://hdl.handle.net/10935/4460
ISSN: 09132201
出現コレクション:第32号

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10935/4460

当システムに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください