当システム
  詳細検索
Japanese | English 

Nara Women's University Digital Information Repository > 095 古代学学術研究センター > 古代学 > 第9号 >

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズ形式
AA12405683V9pp49-42.pdf論文本文748.02 kBAdobe PDF見る/開く
Summary_Nakagawa.pdf英文抄録635.51 kBAdobe PDF見る/開く
タイトル: 中臣宅守の隔絶表現を持つ歌にみる表現意識 ー「関」を中心にー
その他のタイトル: Expressive consciousness of Yakamori's poems with isolation expression : Focusing on Seki
著者: 中川, 明日佳
著者(別表記) : Nakagawa, Asuka
著者読み: なかがわ, あすか
キーワード: 萬葉集; 巻十五; 中臣宅守; 狭野弟上娘子; MANYOSHU; Book15; Nakatomi Yakamori; Sano Otogamiotome
発行日: 2017年 3月30日
出版者: 奈良女子大学古代学学術研究センター
引用: 中川明日佳:古代学(奈良女子大学古代学学術研究センター)第9号, pp.49 (28)-43 (34)
抄録: The poetry of Nakatomi Yakamori often uses the same phrases and synonymous phrases. These phrases play a role in connecting poetry of Nakatomi Yakamori and Sano Otogamiotome. The expression of consciousness of Nakatomi Yakamori’s poetry appears only in the repetition of the same phrases and synonymous phrases. Conventional assessment should be revised. Nakatomi Yakamori’s poetry with isolation expression is divided into the first half and the second half. Poem 3757 is the turning point between the first half and the second half. Nakatomi Yakamori's poetry after the poem 3757, which represents the separation of the body and the mind, shows that Nakatomi Yakamori gives up on meeting Sano Otogamiotome.
記述: 本稿は平成二十七年上代文学界秋季大会(於早稲田大学)での口頭発表を基にしたものである。
URI: http://hdl.handle.net/10935/4500
ISSN: 21874093
出現コレクション:第9号

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10935/4500

当システムに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください