当システム
  詳細検索
Japanese | English 

Nara Women's University Digital Information Repository > 030 生活環境学部 > スポーツ科学研究 > 第19巻 >

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズ形式
AA11436921V19pp49-54.pdf1.04 MBAdobe PDF見る/開く
タイトル: 【報告】「下市らくらく体操」の制作過程を振り返って「高齢者の営農を支える『らくらく農法』の開発プロジェクトのPPKグループ活動報告3
その他のタイトル: 【Reports】Production process of the "Shimoichi Raku-Raku Excercise" : The PPK Group report of "The Development of the "Raku-Raku Farming Method"
著者: 成瀨, 九美; 高徳, 希 link image; 堀川, 真那; 藤原, 素子 link image
著者(別表記) : Naruse, Kumi; Takatoku, Nozomi; Horikawa, Mana; Fujiwara, Motoko
著者読み: なるせ, くみ; たかとく, のぞみ; ほりかわ, まな; ふじわら, もとこ
キーワード: elderly people; farming; Shimoichi Raku-Raku Exercise
発行日: 2017年 3月31日
出版者: 奈良女子大学生活環境学部スポーツ健康科学コース
引用: 成瀨九美・高徳希・堀川真那・藤原素子:奈良女子大学スポーツ科学研究, 第19巻, pp. 49-54
抄録: 「下市らくらく体操」は,「高齢者の営農を支える『らくらく農法』の開発(プロジェクトリーダー・奈良女子大学・寺岡伸悟)」(JST戦略的創造研究推進事業・社会技術開発事業「コミュニティで創る新しい高齢社会のデザイン」)においてPPKグループが実施した柿栽培作業時の姿勢調査と「寄り合い『からだ』点検」の開催を通じた高齢者の体力情報をもとに制作した,柿栽培作業による身体疲労をほぐすための体操である.疲労しやすい身体部位の指摘や体操の動き方を説明する「解説編」,立位や椅坐位で行うストレッチを説明する「ストレッチ編」,プロジェクトに関わった地域住民や行政機関とプロジェクトメンバーが体操を行う「みんなで体操してみました編」の3つのチャプターで構成している.体操を制作するに至った経緯や体操のコンセプトならびに地域住民とともに体操を作る視座を報告した.
URI: http://hdl.handle.net/10935/4542
ISSN: 13449885
出現コレクション:第19巻

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10935/4542

当システムに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください