当システム
  詳細検索
Japanese | English 

Nara Women's University Digital Information Repository > 120 博士学位論文 > 博士学位論文 >

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズ形式
thesisO167abst.pdf273.7 kBAdobe PDF見る/開く
タイトル: 【博士論文本文の要約】マックス・ヴェーバーにおける政治と倫理:近代国家の暴力性に対する心情倫理的応答と近代的主体の形成についての研究
著者: 河原(内藤), 葉子
著者(別表記) : Kawahara (Naito), Yoko
著者読み: かわはら(ないとう), ようこ
キーワード: マックス・ヴェーバー; 政治; 近代国家; 暴力性; 心情倫理; 近代的主体; Max Weber
発行日: 2016年10月27日
引用: 奈良女子大学博士論文, 博士(社会科学), 博課 乙第167号, 平成28年10月27日学位授与
URI: http://hdl.handle.net/10935/4560
出現コレクション:博士学位論文

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10935/4560

当システムに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください