当システム
  詳細検索
Japanese | English 

Nara Women's University Digital Information Repository > 100 アジア・ジェンダー文化学研究センター > アジア・ジェンダー文化学研究 > Vol.02 >

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズ形式
AA12781506vol2pp51-60.pdf1.08 MBAdobe PDF見る/開く
タイトル: 【研究ノート】楊歩偉自伝研究序説
その他のタイトル: An Introduction to the Study of Buwei Yang Chao's Autobiography
著者: 辜, 知愚
著者(別表記) : Gu, Zhi-yu
キーワード: 楊歩偉; 女性自伝; 近代中国; 知識人女性; Buwei Yang Chao; Women's Autobiography; Modern China; Intellectual Women
発行日: 2018年 3月
出版者: 奈良女子大学アジア・ジェンダー文化学研究センター
引用: 辜知愚:アジア・ジェンダー文化学研究(奈良女子大学アジア・ジェンダー文化学研究センター), 第2号, pp.51-60
抄録:  Buwei Yang Chao( 1889-1981), known as the wife of Yuen Ren Chao( 1892 -1982), the linguist, had written two autobiography books which named Autobiography of a Chinese Woman( 一個女人的自傳) and Family of Chaos( 雜記趙家). This paper is a summary of Buwei Yang Chao’s life and the details of her autobiography’s publication, as a preliminary study of her autobiography. This paper will also show that the linguistic representation of Buwei Yang Chao is like a kind of private expression, which is not strictly in accordance with Modern Written Chinese, but related to gender.
URI: http://hdl.handle.net/10935/4663
出現コレクション:Vol.02

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10935/4663

当システムに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください