当システム
  詳細検索
Japanese | English 

Nara Women's University Digital Information Repository > 095 古代学学術研究センター= Center for Research of Ancient Culture > 古代学 > 第1号 >

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズ形式
AA12405683V1pp35-44.pdf7.49 MBAdobe PDF見る/開く
タイトル: 近畿地方における前方後円墳の分布論的検討:「奈良盆地歴史地理データベース」の利用による墳丘規模と副葬品の時期別分布を中心に
著者: 出田, 和久 link image
著者(別表記) : Ideta, Kazuhisa
著者読み: いでた, かずひさ
キーワード: 近畿; 前方後円墳; 分布; 「奈良盆地歴史地理データベース」; 墳丘規模; 副葬品
発行日: 2009年 3月30日
出版者: 奈良女子大学古代学学術研究センター・奈良女子大学21世紀COEプログラム《古代日本形成の特質解明の研究教育拠点》
引用: 出田和久:古代学(奈良女子大学古代学学術研究センター・奈良女子大学21世紀COEプログラム《古代日本形成の特質解明の研究教育拠点》), 第1号, pp.35-44
記述: 本報告は、2007年12月22日(土)に開催された「第13回公開シンポジウム 人文化学とデータベース -人文科学における地理情報の意味を探るー」(共催:奈良女子大学21世紀COEプログラム『古代日本形成の特質解明の研究教育拠点』、協賛:情報処理学会関西支部、後援:人文系データベース協議会、奈良女子大学コラボレーションセンターにて発表した内容に加筆修正を加えたものである。なお、本研究には平成19年度・平成20年度科学研究費補助金(基盤研究(C))、研究代表者:出田和久、課題番号:19520674)の一部を使用した。
URI: http://hdl.handle.net/10935/4669
ISSN: 21874093
出現コレクション:第1号

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10935/4669

当システムに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください