当システム
  詳細検索
Japanese | English 

Nara Women's University Digital Information Repository > 085 教育システム研究開発センター > 教育システム研究 > 第12号(2016) >

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズ形式
AA12388405V12pp131-135.pdf446.89 kBAdobe PDF見る/開く
タイトル: 高等学校理科「生物」領域と大学の「生物学」をつなぐ:附属学校教員と大学教員とによる双方向的授業・講義改善の試み
その他のタイトル: An Attempt to Improve Classes and Lectures Based on the Teaching Plan by the Collaboration of Secondary School Teachers and University Members
著者: 櫻井, 昭; 渡邊, 利雄 link image; 保, 智己 link image; 酒井, 敦 link image
著者(別表記) : Sakurai, Aki; Watanabe, Toshio; Tamotsu, Tomoki; Sakai, Atsushi
著者読み: さくらい, あき; わたなべ, としお; たもつ, ともき; さかい, あつし
キーワード: 高等学校理科「生物」領域; 生物学; 奈良女子大学; 奈良女子大学附属中等教育学校; 大学教員; 高校教員; 授業計画書; 指導案
発行日: 2017年 3月
出版者: 奈良女子大学教育システム研究開発センター
引用: 櫻井昭・渡邊利雄・保智己・酒井敦:教育システム研究(奈良女子大学教育システム研究開発センター), 第12号, pp.131-135
URI: http://hdl.handle.net/10935/4742
ISSN: 18809251
出現コレクション:第12号(2016)

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10935/4742

当システムに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください