当システム
  詳細検索
Japanese | English 

Nara Women's University Digital Information Repository > 085 教育システム研究開発センター > 教育システム研究 > 第13号(2017) >

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズ形式
AA12388405V13pp429-437.pdf834.62 kBAdobe PDF見る/開く
タイトル: サイエンス・オープンラボを通した化学(有機合成、酸化還元、界面活性剤)学習:大学生による演示実験を動機付けにした高等学校授業開発研究
著者: 三方, 裕司 link image; 竹内, 孝江; 高島, 弘; 松浦, 紀之; 長谷, 圭城
著者(別表記) : Mikata, Yuji; Takeuchi, Takae; Takashima, Hiroshi; Matsuura, Noriyuki; Nagatani, Tamaki
著者読み: みかた, ゆうじ; たけうち, たかえ; たかしま, ひろし; まつうら, のりゆき; ながたに, たまき
キーワード: 奈良女子大学理学部; 学生能動参加型講義; サイエンスオープンラボ; 大学生; 演示実験; 高等学校授業開発研究; 化学; 有機合成; 酸化還元; 界面活性剤
発行日: 2018年 3月
出版者: 奈良女子大学教育システム研究開発センター
引用: 三方裕司・竹内孝江・高島弘・松浦紀之・長谷圭城:教育システム研究(奈良女子大学教育システム研究開発センター), 第13号, 「本学の教員養成課程の改善・高度化に向けた大学教員と附属教員の連携研究推進事業」成果論文集, pp.429-442
URI: http://hdl.handle.net/10935/4804
ISSN: 18809251
出現コレクション:第13号(2017)

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10935/4804

当システムに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください