当システム
  詳細検索
Japanese | English 

Nara Women's University Digital Information Repository > 095 古代学学術研究センター > 古代学 > 第10号 >

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズ形式
AA12405683V10pp23-30.pdf論文本文4.07 MBAdobe PDF見る/開く
Summary_Tarumi.pdf英文抄録38.34 kBAdobe PDF見る/開く
タイトル: 隈・西小田遺跡出土人骨にみられる古病理学的所見:変形性脊椎症を事例として
その他のタイトル: Paleopathological Changes in the Skeletal Remains from Kuma-Nishioda Site: A Case of Spondylosis Deformans
著者: 垂見, 真理
著者(別表記) : Tarumi, Mari
著者読み: たるみ, まり
キーワード: 弥生時代; 古病理学; 変形性脊椎症; 骨棘; Yayoi Period; Paleopathorogy; Spondylosis; Degormans; Osteophytes
発行日: 2018年 2月28日
出版者: 奈良女子大学古代学学術研究センター
引用: 垂見真理:古代学(奈良女子大学古代学学術研究センター), 第10号, pp.23-30
抄録: Paleopathological changes are useful evidences for studying the ancient life. But they are hardly used for researching history. This is caused by few reported cases though paleopathological changes are actually observable in the skeletal remains. This paper reports observations of spondylosis deformans in the ancient human bones from Kuma-Nishioda site. In order to confirm the onset of it, we examined the appearance of osteophytes. We found that spondylosis deformans appeared in high probability.
URI: http://hdl.handle.net/10935/4882
ISSN: 21874093
出現コレクション:第10号

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10935/4882

当システムに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください