当システム
  詳細検索
Japanese | English 

Nara Women's University Digital Information Repository > 095 古代学学術研究センター > 古代学 > 第10号 >

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズ形式
AA12405683V10pp31-48.pdf論文本文2.33 MBAdobe PDF見る/開く
Summary_Oga.pdf英文抄録43.03 kBAdobe PDF見る/開く
タイトル: 日本列島産鉱石の鉛同位体比分析とその考古学的含意
その他のタイトル: Lead Isotope Analysis of the Ore Mined in Japan and Some Archaeological Implications
著者: 大賀, 克彦 link image
著者(別表記) : Oga, Katsuhiko
著者読み: おおが, かつひこ
キーワード: 鉛同体比; 産地推定; 銅鉱石; 鉛鉱石; 鉱山開発; Lead Isotope; Provinance Inference; Copper Ore; Lead Ore; Mining
発行日: 2018年 2月28日
出版者: 奈良女子大学古代学学術研究センター
引用: 大賀克彦:古代学(奈良女子大学古代学学術研究センター), 第10号, pp.31-48
抄録: This paper discusses the provenance inference from the lead isotope ratios. At first, the author classified the lead isotope ratios of the ore mined in Japan into Group Ia, Group Ib, Group Ic, Group II, Group III, and Group IV. Additionally, the lead isotope ratios of 29 new ore samples were analyzed in this study. As a result, each group of the lead isotope ratios have become clear to distribute in the same area. At last, through the lead isotope ratios, I discuss the provenance of raw material of copper and lead and the beginning time of the mining in ancient Japan.
URI: http://hdl.handle.net/10935/4883
ISSN: 21874093
出現コレクション:第10号

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10935/4883

当システムに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください