当システム
  詳細検索
Japanese | English 

Nara Women's University Digital Information Repository > 095 古代学学術研究センター > 古代学 > 第10号 >

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズ形式
AA12405683V10pp86-73.pdf論文本文4.84 MBAdobe PDF見る/開く
Summary_Kuroda.pdf英文抄録66.65 kBAdobe PDF見る/開く
タイトル: 正倉院文書の中の「王義之習書」について
著者: 黒田, 洋子
著者(別表記) : Kuroda, Yoko
著者読み: くろだ, ようこ
キーワード: 奈良時代; 八世紀; 正倉院文書; 王義之; 山上憶良; 近江朝書法百巻
発行日: 2018年 2月28日
出版者: 奈良女子大学古代学学術研究センター
引用: 黒田洋子:古代学(奈良女子大学古代学学術研究センター), 第10号, pp.86(1)-73(14)
抄録: Caligraphy of Wang Xizhi was accepted during the Nara period, and there were three stages for the acceptance. Initially, people learned it's concept by reading poetry and literature. Secondly, they learned formal script-style. And finally, they learned the cursive script-style. In this way, caligraphy of Wang Xizhi firmly settled and became the foundation for Japanese character culture.
URI: http://hdl.handle.net/10935/4885
ISSN: 21874093
出現コレクション:第10号

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10935/4885

当システムに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください