当システム
  詳細検索
Japanese | English 

Nara Women's University Digital Information Repository > 085 教育システム研究開発センター > 教育システム研究 > 第11号(2015) >

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズ形式
AA12388405V11pp97-118.pdf589.52 kBAdobe PDF見る/開く
タイトル: 「戦争・平和ミュージアム」としての美術館:戦没画学生慰霊美術館「無言館」と丸木美術館・佐喜眞美術館における「学び」
その他のタイトル: What Do They Learn at "War and Peace" Art Museums?: The Cases of Mugon-kan, Maruki-Gallery for the Hiroshima Panels, and Sakima Art Museum
著者: 向原, 香菜
著者(別表記) : Mukouhara, Kana
著者読み: むこうはら, かな
キーワード: 戦争・平和ミュージアム; 美術館; 反戦; 学び; 戦没画学生慰霊美術館「無言館」; 原爆の図丸木美術館; 佐喜眞美術館; 来館者ノート; 慰霊・追悼
発行日: 2016年 3月
出版者: 奈良女子大学教育システム研究開発センター
引用: 向原香菜:教育システム研究(奈良女子大学教育システム研究開発センター), 第11号, pp.97-115
URI: http://hdl.handle.net/10935/4912
ISSN: 18808251
出現コレクション:第11号(2015)

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10935/4912

当システムに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください