当システム
  詳細検索
Japanese | English 

Nara Women's University Digital Information Repository > 085 教育システム研究開発センター > 教育システム研究 > 第02号(2006) >

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズ形式
AA12388405v2pp82-103.pdf1.9 MBAdobe PDF見る/開く
タイトル: 幼小および小中移行期における学びの自己組織化に関する研究:公開意見発表会を中心に
その他のタイトル: On Self-Structuring in Learning in the Two Transition Periods: Kindergarten to Elementary School and Elementary School to Middle School
著者: 金津, 琢哉
著者(別表記) : Kanezu, Takuya
著者読み: かねづ, たくや
キーワード: 奈良女子大学附属小学校; 奈良女子大学附属幼稚園; 奈良女子大学附属中等教育学校; 総合的な学習の時間; 奈良の学習法; 「しごと」「けいこ」「なかよし」; 自律的学習; 学びの自己組織化; 公開意見発表会
発行日: 2006年 4月
出版者: 奈良女子大学教育システム研究開発センター
引用: 金津琢哉:教育システム研究(奈良女子大学教育システム研究開発センター), 第2号, pp.82-103
URI: http://hdl.handle.net/10935/5070
ISSN: 18809251
出現コレクション:第02号(2006)

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10935/5070

当システムに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください