当システム
  詳細検索
Japanese | English 

Nara Women's University Digital Information Repository > 040 大学院人間文化研究科 > 人間文化研究科年報 > 第19号 >

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズ形式
AN10065983v19pp239-251.pdf687.87 kBAdobe PDF見る/開く
タイトル: The Effect of Culture on the Development of Scientific Theory : Imanishi and Darwin (First-half part)
著者: 佐野, 敏行 link image
著者(別表記) : Sano, Toshiyuki
著者読み: さの, としゆき
キーワード: Culture; Scientific Theory; Imanishi; Darwin; inter-personalism; indivisualism
発行日: 2004年 3月31日
出版者: 奈良女子大学大学院人間文化研究科
引用: 人間文化研究科年報, 第19号, pp.239-251
抄録: The nature of scientific practices has been studied from sociological and developmental factors upon scientific theory making, few demonstrates how cultural ideologies influence scientists and their theory making. The present study compares Imanishi's evolutionary theory with that of Darwin's and demonstrates the contrasts in their underlying assumptions, research attitudes and views of nature. It argues that these contrasting interpretations of natural phenomena reflect underlying cultural ideologies, particularly Japanese "inter-personalism" and English "individualism" respectively.
URI: http://hdl.handle.net/10935/633
ISSN: 0913-2201
出現コレクション:第19号

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10935/633

当システムに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください