当システム
  詳細検索
Japanese | English 

Nara Women's University Digital Information Repository > 010 文学部 > スポーツ科学研究 > 第11巻 >

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズ形式
vol11_11.pdf427.5 kBAdobe PDF見る/開く
タイトル: 現代高校生における自傷行為の実態及びその対応への展望
その他のタイトル: Actual conditions and a research perspective of wrist cutting in current high schoolstudents
著者: 出水, 典子; 佐久間, 春夫 link image
著者(別表記) : Demizu, Noriko; Sakuma, Haruo
著者読み: でみず, のりこ; さくま, はるお
キーワード: Wrist-cutting; the school health room; vulnerability; Yogo teacher; リストカット; 保健室; 脆弱性; 養護教諭
発行日: 2009年 3月31日
出版者: 奈良女子大学スポーツ科学教室
引用: 奈良女子大学スポーツ科学研究, 第11巻, pp.87-92; Research journal of sport science in Nara Women's University, Vol.11, pp.87-92
抄録: This paper is a research perspective to consider the mental background of contemporary high school student having vulnerability of human existence. Wrist-cutting daily seen by some high-scbool students nowadays was takent up. Some psychiatric treatments to the student who got accustomed to wrist cut were described. Yogo teacher tried to solve their reactions with some therapies, but non of them was ineffective. Recently, there is a tendency to regard wrist-cutting syndrome as adolescent subculture. To solve their wrist-cutting problem, Yogo teacher have to help them establish their self-identity.
URI: http://hdl.handle.net/10935/778
ISSN: 1344-9885
出現コレクション:第11巻

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10935/778

当システムに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください