当システム
  詳細検索
Japanese | English 

Nara Women's University Digital Information Repository > 030 生活環境学部 > 学外刊行物(生活環境学部) > 雑誌 >

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズ形式
AN10092691vol11pp37-47.pdf1.5 MBAdobe PDF見る/開く
タイトル: ジェンダー研究と親イメージの変容
著者: 宮坂, 靖子
著者(別表記) : Miyasaka, Yasako
著者読み: みやさか, やすこ
キーワード: ジェンダー; 共同育児; 家族社会学の相対化; Gender; Shared parenting and child care; Relative view point in studying families
発行日: 1999年 7月
出版者: 日本家族社会学会
引用: 家族社会学研究, Japanese Journal of Family Sociology, No.11, pp.37-47
抄録: Being infuluenced by modern family theory and feminism, sociological research on Japanese families are said to have become adult-centered. Although postwar studies on parent-child relationships have focused on "discipline", they have been approached from adults' point of view. Stated other way, the definition of "emotional full-time motherhood" has been misunderstood as focusing on child development. This misconception is obvious when we review the studies in the past ten years which suggest that full-time mothers' child care and exclusion of fathers bring undesirable outcomes for children, mothers and fathers. Further, in search of postmodern families, studies in parent-child relations make it clear that shared parenting and child care are benefical. At the same time, however, we need to pay attension to the ideology of our discourse. It is essential for family sociologists to maintain a relative viewpoint in studying families. Key words: gender, shared parenting and child care, relative viewpoint in studying families.; 近代家族論を経由し、またフェミニズムの影響を受けた後の我が国の家族社会学研究は、大人中心の家族論になったとて言われるが、果たしてそうであろうか。戦後の親子関係研究は「しつけ」をキータームとしていたが、内容的には丁貫して大人の視点からなされてきた。「情緒的な専業母」の規範化が子ども中心と理解されてきたに過ぎない。ここ約10年間の研究成果を鑑みれば、むしろ父親排他的な専業母による育児が、子ども、母親、父親の三者にとって望ましいものでないことが明らかになってきており、親子研究は、ポスト近代家族の模索の中にあって、両親による共同育児という方向性を明示してきている。しかし同時に、研究者はその言説の持つイデオロギー的側面に留意する必要がある。家族社会学は自己の発した言説を相対化する視点も同時に把持する必要がある。
URI: http://hdl.handle.net/10935/939
ISSN: 0916328X
出現コレクション:雑誌

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10935/939

当システムに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください