当システム
  詳細検索
Japanese | English 

Nara Women's University Digital Information Repository > 110 科学研究費補助金研究成果報告書 > 2001年度(平成13年度) > 高解像度の衛星画像・衛星写真を用いた環境変化の解析 >

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズ形式
BA57406585pp1-7.pdf422.72 kBAdobe PDF見る/開く
タイトル: [高解像度の衛星画像・衛星写真を用いた環境変化の解析 研究成果報告書 概要]
著者: 相馬, 秀廣 link image
著者(別表記) : Sohma, Hidehiro
著者読み: そうま, ひでひろ
キーワード: 環境変化; 高解像度; 衛星写真; 遺跡; 衛星画像; high resolution satelite image; 氷河縮小; カレーズ; 氷河; タキシラ; CORONA衛星写真; Asia; ruin; reconstraction of former lancscape; 湖沼; environmental change; Corona Satellite Photograph; 高解像度衛星画像; glacier; 景観復元; Corona衛星写真; lake; アジア; サマルカンド; 氷河期
発行日: 2002年 3月
出版者: 相馬秀廣
引用: 高解像度の衛星画像・衛星写真を用いた環境変化の解析, pp.1-7
シリーズ/レポート番号: 平成11年度-13年度科学研究費補助金基盤研究(B)(2)研究成果報告書; 11480017
抄録: 本研究は,地上解像度2-3mのCorona衛星写真を中心に,撮影年次の異なる高解像度の衛星画像(LANDSAT TM画像,SPOT画像)および空中写真を用いて,様々な地域・環境を対象とした景観復元と環境変化の解析を行い,併せてその有効性について検討して,以下のような成果が得られた. 相馬は,トルファン盆地を対象に,主要な故城遺跡と故城内外の詳細な遺跡分布などの検討により,それぞれの立地環境が相違すること,また,カレーズの分布形状・規模・立地条件などを分類し,新中国成立以降における水利用の変容・地下水位の低下に対応するカレーズの変容を明らかにした。さらに,中国の洞庭湖における近年の湖面減少では,長江分流沿いの干拓・耕地化から新中国成立後は湖面の干拓・耕地化へ変質したことを指摘した。戸祭は,19世紀後半に北海道南端部に新営された箱館奉行所の跡地利用の変化を,建設当時の様子を示す古地図,米軍モノクロ写真,1998年撮影のカラー空中写真などから,詳細に示した. 山近は,渤海国の主要道である五道の体系および日本道の範囲と経路について検討し,「日本道」に関する具体的な交通路像の一端として明らかにした。出田は,パキスタン,タキシラ地域の都市遺跡および周辺の仏教遺跡について,周壁や稜堡,さらには道路遺構などについて詳細な内容を報告した. 高田は,チベット高原南部のプマユムツオ湖周辺およびブータン西部の山岳地域を対象として,氷河変動と環境変動に関わる解析を行い,近年の温暖化に伴う氷河の後退と氷河湖の形成過程や、最終氷期以降の環境変化の一端を明らかにした。小方は,メソポタミアの都城遺跡の立地とプランについて,古い文献を引用しつつ,Corona衛星写真の詳細な判読を利用して古代の情景の再現に努めた. その他の研究分担者は担当地域の環境変化について,衛星写真などを利用して検討した.
URI: http://hdl.handle.net/10935/966
出現コレクション:高解像度の衛星画像・衛星写真を用いた環境変化の解析

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10935/966

当システムに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください